10月23日 軽井沢グランフォンド

更新日:11月5日

紅葉もかなり綺麗になって、サイクルウェアもどれを着ればいいのか悩む日々が続いております。


いや、そんなことよりこんな過ごしやすく自転車にも最高の季節なのに自転車に全く乗れていないのが寂しい。。。どうもA山です。


O木さんが軽井沢グランフォンドに参加するとう情報を聞いたM原さんが山ばっか班に共有してくださり、山ばっか班からも何名か参加することにしました!

参加者はO木さん、M原さん、H部さん、I田さん、O幡さん、A山の6人。

実はA藤さんが所用で参加できなくなってしまった(残念・・・)のでO幡さんが代わりに参加してくださいました!!

このイベントは春と秋に同じようなイベントがあり、私は数年前に春の方に参加したので通算では2回目。


当日の朝は晴れて山の紅葉も朝焼けでさらに色が綺麗でした



おっとイベントの話をする前にちょっとアイスブレイク・・・

日曜がイベントだったのですが、どうも坂があると登りたくなってしまうのがサイクリストというもの(適当ですw)

O木さんとM原さんは前日にどうやら横川駅で峠の釜飯を食べてから国道旧18号線を上り眼鏡橋を見学し、軽井沢までライドしたそうです。(@_@)

この橋は明治25年4月に建設が始まり12月に完成。芸術と技術が融合した美しいレンガのアーチ橋で、川底からの高さが31mあり、国内最大級のものです。

この4連の雄大なアーチ橋は通称「めがね橋」として親しまれています。

橋梁は、第2橋梁から第6橋梁までの5基が残っており、すべてが煉瓦造りで、国重要文化財に指定されています。

※安中市のHPから抜粋

https://www.city.annaka.lg.jp/kanko_spot/megane.html


ちなみに普通の靴なら脇の階段を上がってこの橋を歩くこともできますので行ってみてください!あ、、階段はかなりきつめです^^;

この国道旧18号線は勾配も平均5〜6%くらいなのでとてもちょうど良く、車も少ないため個人的に走りやすいと思います!アウトレットでお買い物や町の観光だけじゃ物足りないとう方はぜひヒルクライムをお勧めします笑


やっとこさ当日の話になります

出発前に一枚!!スタートは各自のタイミングでの自由スタートなので準備ができたら出発します。

スタートしてすぐにガーミンを見ると気温が8°・・・8°!?!?さっむ・・・でも日中の最高気温は18°予報なので、我慢するかと一同震えながらイベントスタート!!


ちなみに今回のルートは80kmのクラスに参加してきました。

あれ?これ山ばっか班のライド???と勘違いするくらいの獲得標高が笑


スタートしてすぐに群馬県に向けて国道146号、通称鬼押し出しを上ります。

なんかキツいなーと思ってまたガーミンを見ると勾配が9%の表示が・・・・そんなふうに見えないんだけどなー、勾配詐欺だー、みんなで談笑しながら進みます。









さてさて上りったら最初のエイドステーションに向けて草津方面へ降って行きます


エイドステーションの直前で映えスポットを発見!!浅間山がキレに見えています。



こちらにてみんなで集合写真をパシャリ!!!




そしてエイドステーションに到着すと補給食としてコーンスープとバナナをいただきみんなで日光浴をしながら補給します

O幡さんがおいしそうに食べてらっしゃる。。

さてさて補給も済んだら次のエイドステーションに向けて出発します。

なんと向かい風もすごいしアップダウンもすごいしひえ〜〜となりながら進むと右手に万座温泉が見えたり、左にはまた別の顔を覗かせる浅間山の雄大さを感じることができました。知らない間にわりと削られていますが耐えつつ進みす。。


そうこうしているうちに、今回のメインのヒルクライムである湯の丸高原への上り坂に到着。するとみなさん暑くなるのを予想して、ウィンドブレーカーを脱ぎます。


準備ができたら湯の丸高原のエイドステーションに向かいます。

まぁこの登りが10%近くあります笑

でも道中の紅葉がほんと綺麗!!レースでないし、仲間内で競うわけでもない(←笑)のでここも談笑しながら登っていきます。





I田さんは安定の半袖。。。


また映えスポットがあったのでまた集合写真を撮ります(H部さんは先に行ってしまわれた・・・)


ついにみんなで上りきり湯の丸高原に到着!!




ここではお昼としてカレーをいただきました!これがいろんな具材が入っていて食感も楽しくぺろりでした!





え??湯の丸高原がどんなスキー場か知りたいですって!!スキーヤーの私にそんこと聞いちゃいます???

では湯の丸高原スキー場を紹介します!!

https://yunomaru.co.jp/

ちなみにゲレンデはこんな感じ!!

斜度的にはほんとにファミリー向けのゲレンデという感じで子供も安心して滑れるゲレンデとなっております!とくに第6ゲレンデはコース幅も広いし長いしともて楽しいです!

第4ゲレンデもある程度斜度がり楽しくすべることができます。

11月26日がオープン予定なのですが、この時期は足慣らしとしてはちょうどいいのでスキーヤーは殺到します!コース幅はちょっと狭いですが安全に滑れば問題ないです。

ゲレ食は・・・・・・・・・・。普通です笑


あとは・・・・え(・・?)もうスキー場の話はいいから次に行けと。。。語り足りませんが下界に向けて降っていくとこから再開します笑


さてさてここから小諸インター方面へ約10kmのダウンヒル。私はスキーでなんかも通っているので楽しく下れましたが、、、、またガーミンを覗くと15%くらいの斜度。。ひょえーーーー。まぁ命取りになるのでそんなにスピード出す必要なんてないんですけどね^^;


ここで降る道が悪くH部さんのボトルが冒険に旅立ってしまう事件が発生。写真をよく見るとボトルがないのがわかります。。。。



降り切ると最後のエイドステーションへ向けて軽井沢へ戻るルートを進みます。

浅間サンラインとう道を進むのですが交通量が多いので気をつけて声をかけながら行きます。(この辺から疲れてきて写真がほぼない・・・)


エイドステーションに近づくについれてなんか記憶から蘇る辛い記憶(ー ー;)

なんか本当のメインディッシュが残っていたような、ないような・・・。

絶望を感じたその記憶。。スタート直後の坂と湯の丸高原への坂で削られた人々に絶望を与える道があったような・・・こわいなーこわいなー。。

そーいえばエイドステーションの直前に15%くらいの坂があって前回参加さした時に足をついたような記憶が・・・・


あーきたきたこれこれ。。。見た目ではわかりにくいこの勾配。。。18%あるじゃん。。


そんなつらい坂を登ればおいしいコーヒーとおまんじゅうが待っていると思いペダルを踏みます。


ついに辛い坂を登ってコーヒーとおまんじゅうにたどりつき、己の頑張り噛み締めながらいただきます。


ここを過ぎれば1000メーター道路とういうほぼ平坦基調の道を進みます!!

右手に八ヶ岳を望みながら進めばもうゴール直前!


そしてエイドステーションから15km進み・・・・

ゴーーーーーーーール!!!!




季節もいいし走りやすい最高のイベントでした〜〜〜

またぜひみんなで参加したいなーと思いました!


あ、今回は写真も楽しく撮れるなーと思ったので辻啓さんを参考に一眼レフをぶら下げてライドしてみました笑

でも一眼レフを背負いながらのライドはちょっと大変だったので、もし八耐などに参加するときは自転車には乗らずにカメラマンに専念することを心に誓ったのでした。。おい!!!


閲覧数:221回

最新記事

すべて表示