2/17,18大洗ソロツアー

更新日:2月20日

きむにーです

有休を取って、自走一泊で大洗へ


【2月17日】

8時前に自宅を出発

県内は追い風で快調だったけど

撮影後、風にあおられバイクが転倒

これはいかん、気をつけて行こう

茨城側は丘陵地が多い感じ

アップダウンが続き、地味にツラい

つくば、土浦、高浜、小美玉を経由

小美玉では素鵞(そが)神社に参拝

「ツール・ド・御朱印」で有名な社

御朱印のデザインが素敵らしい

ここは、ワタシにも所縁のある所

神社の右手前は移転廃校後の小学校

左手前は廃園した幼稚園の跡地

共に、ワタシが通った学び舎だった

神社脇の坂、何百回も通ったけど

幼少で興味がなかったらしい

神社の記憶が全くない

不思議な感覚を抱きつつ先を急ぐ

涸沼の手前、目的地まで1時間弱

空が異様に暗くなり、雪がチラチラ

追い立てられるように涸沼に到着

強風で湖面がざわついている

こんな暗雲が後から付いてきた

ようやっと、サンビーチ通りへ進入

今夜の宿は「かんぽの宿大洗」

昨年秋、「かんぽの宿潮来」に宿泊

意外に良かったので、またかんぽ

会員なので、特典にも期待笑

今日は助さんも格さんもいませんが

宿は那珂川の河口に立地

客室からの海門橋や海の景色がいい

赤い橋梁は工事中でグレー色、残念

和室ベッドタイプもホッとする感じ

大浴場で疲れた身体が癒やされる

露天は天然温泉らしいけど少し狭い

風呂上がり、本日最大のお楽しみ笑

先付、酢の物、香物がお出迎え

お造り

焼物

綺麗な形をしてたのに…

撮る前に箸で割っちゃった(汗

鍋物

蒸し物

鍋物がいよいよ食べ頃に

揚物で気持ちを落ち着かせて、と

ちなみに品書では「あんこう」

でもこれは多分「フグ」ですね

もちろん、寧ろOK笑

期待してたけどそれ以上、大満足

思わずお酒も進んじゃう

締めの前には既に満腹だったけど

この姿、食べないなんてあり得ない

たっぷり、取皿で4杯も完食

結局デザートも美味しく頂けた

コインランドリーがあるのが嬉しい

洗剤も売店で買えるのでお手軽

軽装備で行けるのはポイント高い

満腹につき、直ぐには横になれず

おかげで坂本花織選手の快挙も生で

走行距離:124km

獲得標高:646m


【2月18日】

5時に起床して朝風呂へ

朝食はバイキングで7時から

自動手袋装着機で感染対策にも配慮

潮来の「かんぽ」と同じシステム

8時にチェックアウトして帰路へ

帰りは筑波山麓南を走る最短ルート

これがその後の苦闘の原因に…

まず試練のスタートは向かい風

涸沼北岸、鄙びた漁村が海みたい

沼に浸かったシジミ漁師が寒そう

石岡、R6バイパスから筑波山麓へ

想定以上のアップダウンが脚を削る

坂を上りきると下りの先はまた上り

延々とこれが続き、心は折れまくり

りんりんロードまでくると一安心

大した上りは、この後ないはず

だけど強風は衰え知らずの様相

ガーミンの帰宅予定時刻は17時

石下で予定した味噌ラーメンもパス

「全集中の呼吸」で緊張感を保つ

17時過ぎ、ヘトヘトで自宅に帰着

疲労と安堵でしばらく腑抜け状態

夕食と入浴の後、21時には寝落ち

結論、この時期の大洗は遠過ぎた

天候も、道路の状況も厳しかった

帰りは8割、インナーだったかも

路肩の亀裂や凹凸にも神経を使う

平日で大型ダンプやトレーラも多い

楽しい反面、キツさもまた半端なし

自省して次回の企画に活かしたい

まあ、非日常の経験が面白かった笑

走行距離:124km

獲得標高:638m

閲覧数:227回

最新記事

すべて表示