top of page
  • H澤

10/10山ばっか班の平地サイクリング

更新日:2022年3月5日

仕事で歩きすぎて、8月から足底筋膜炎のH澤です。

今日は8月初旬に、局地的降雨のため辿り着けなかった<葛飾区 水元公園>へ行ってみましょう。

みさか集合は午前8時30分。

参加者は私を含めて5名(A山君は、昨日ヒルクライムレースへ出場したためお休み)

今日もすっきりしない雲の多い朝。

でも、昼ごろからは晴れて暑くなるみたい。

帝釈天へ行く時のいつものルートで元気に出発。

元荒川沿いを蓮田~岩槻へ

二度のコンビニ休憩を経てから江戸川CR

きれいに除草され視界が開けて気持ち良いのですが、ずっと向かい風です。

外環自動車道が右から近づいてきた。

途中、小雨に降られたけど、この辺りでは晴れ間がひろがってきて、外環をくぐる手前で右折して土手から葛飾区東金運動場へつながる橋を渡れば、水元公園は目前。

外環の下をくぐって運動場から水元公園へ移動しようとしたら、A藤さんに「あれを見て」と呼び止められた。

なんと⁉クライミングウォールが ( ゚Д゚)

そして、自分の横のフェンスにゃTVでお馴染みの選手だ。


せっかくだから近くで見てみたい。

スポーツクライミングの事前キャンプ地だったんだ!

ちょうど登っている方が居ました。

これは、高さ12m以上の壁を6分以内にどこまで登ることができるかを競う<リード>

真横から見ると、オーバーハングが凄い!

この方は、オーバーハングを越えられずに終わってしまいましたが、次の写真の方は見事登頂!



そして、裏側には<スピード>の壁。

私、壁は垂直だと思っていたのですが、見てビックリ! Σ(゚Д゚)

95度の前傾した、高さ15メートルの壁を2人の選手が同時に登り、速さを競う競技でした。


この高さで、しかも前傾してるのに男性5~6秒、女性で7~8秒で登るなんて信じられん💦

サルだった頃のDNAを色濃く残す私は、どちらもやってみたい!ウキィー

いつも寄り道の多い我々ご一行。

気になったことをそのままってのは性に合わないのです。

やっと水元公園へ移動。

いきなり池と水路がお出迎え。


ごんぱち池にオニバス池。

水辺に沿って園内をゆっくり進みます。

水元公園は、東京都葛飾区にある都立公園。

水域面積の多い水郷公園としての特色があり、東京23区で最大規模の公園だそうです。

小合溜(こあいだめ)が見通せる場所へでました。

天気も良くなって、訪れた人々の心地よさが伝わってきました。

おっ、コナン君がドザエモン…

水元大橋を渡って、

県都境なんで、対岸は<みさと公園>。

青や紫のサンシェードが点在して、不思議な景色となっています。



メタセコイヤの森へ。

生きている化石として知られるメタセコイヤが1500本。

幻想的ですね。

ごめ~ん、走りながらだからピンボケだ…

ここを過ぎたら、<バードサンクチュアリー>エリアとなり、6箇所も観察舎(野鳥から人間が見えないよう、木製の衝立に観察窓が開いている)がありまして、バードウオッチャーが沢山居ました。

水生植物園エリアを過ぎ、

水元公園の西端にあり、大場川に架かる<閘門>へ。

 

正式名称は<弐郷半領猿又閘門:にごうはんりょうさるまたこうもん>といい、1909年(明治42年)に建造された上路式煉瓦アーチ橋で、水害による中川(古利根川)からの逆流を防止するために造られ、今は役目を終えて機能していないのですが、2007年には経済産業省が認定する「近代土木遺産」に認定されたそうです。

反対側のアーチ上部両脇には、小便小僧ならぬ<閘門オヤジ>注:勝手に命名 のブロンズ像が頑張っているのを見逃してしまったので、再訪の際は必ず見なければ…

では、本日のお楽しみのふたつ目である昼食場所へ行こう!

中川に架かる潮止橋を渡って埼玉県八潮市へ。

橋の上では、下流からの風に乗って潮の香りが届きました。

大瀬運動公園を左折すれば、Handicrft Works(ハンディークラフトワークス)さんへ到着。

時刻は12時を数分すぎたとこ。

水元公園でのんびりしてたからネ。

こちらのお店、牛・豚・鶏の肉の旨味を最大限に引き出してアレンジした料理を提供しています。

メニューは定番の油そば(○○パレット)以外、限定(この日は炭火焼き鳥丼だった)の表記で、仕入れとか仕込みとかの状況によるらしい。

ネットの情報では、カレーを食べたってのもあったし…