top of page

3/14 火曜サイクリング



いよいよ春本番、サクラの季節がやってきました。内緒だけど先週はときがわ町桃木で満開の河津桜を見てきた。昨日の雨で今日の参加者は3名 曇天のいつになく冷たい空気の中、いつもの時間に出発 

戸守で休憩 少し晴れ間が出てきた。

岩殿岩井線の物見山休憩 のり面の補強工事完成は3月末らしいが、

終わりそうもないと関係者が言っていた。

鳩山ニュータウンを抜けて、毎年恒例となった北浅羽桜公園で満開の安行桜(大寒桜)を愛でる。平日なのに駐車場はほぼ満車だね



近くのある越辺川沿いの風の公園へ 風車が勢いよく廻っていたので道草。風車の下でゆっくり上下する細いシャフトが動いている。その横の石に水が流れてたので、ポンプにつながり水を汲み上げているのだろう。ずいぶん前からここを通っているが、いまだに新しい発見に出会えて楽しい。

大類から川越坂戸毛呂山線(K39)へ合流 少し迷って八高線踏切傍のあじどころ

「夢航海」に昼前に到着

引き戸を開けてシューズを脱ぎ、磨き込まれた床を踏んで足が伸ばせるカウンター席に着く メニューを見ながら、口コミで評判の“沖縄そば・じゅうしーセット”を3人がオーダー



店内も綺麗に整理整頓され、沖縄風の飾りつけもいい感じ


沖縄そばの他にも腰の強いうどんも人気で、特に極太麺は茹で時間に30分かかると

説明されているので、食するときはその覚悟が必要になる。

そうこうしていると、2つの軟骨ソーキとたっぷりの紅ショウガが目に

つく沖縄そばが配膳され、 



おそらく人生初の沖縄そばを頂くと、味わったことのない美味しさを感じる。

食レポの語彙が少なくうまく表現できないことが悔しい。食通のO川さん曰く、

「これは本物の味だ」と絶賛 軟骨ソーキも絶品で口の中でほろほろとほどける肉と軟骨を感じさせない柔らかさには驚いた。沖縄の炊き込みご飯だという“じゅうしー”はもっとパラパラさが欲しかったがしっとり感が沖縄風らしい・・・ 

帰路、空気は相変わらず冷たい中、苺の里を過ぎて高麗川CRに入り、久々に島田橋を渡橋



そして九十九川水門へ寄り道

正代側へ抜けられなかったので、高橋から常用ルートのファミマ正直店~太郎衛門橋を越えて、15時前にお店に帰着

走行距離 77㎞ by K野


閲覧数:182回

最新記事

すべて表示
bottom of page