• H澤

5/29 山ばっか班サイクリング

まだ5月だってのに、今年初の猛暑予報日にみさかに集まったのは、私を含めて6名。

ちょっとだけ観光したいから、集合時間は午前8時。

朝から速い、速すぎる( ゚Д゚)

ちょっと~、まだスタートしたばっかなんだから、ゆっくり走りましょうよ…

戸守ローソンでA山君と合流して、越辺川CR→高麗川CR。

県道74号線→高麗神社→巾着田→高麗武蔵台ニュータウン

山越えして、県道70号線を横断したら、吾妻大橋を渡って入間川右岸を上流へ。

原市場で県道70号線へでて、前から気になっていた<古民家カフェ ぽれぽれ>へ10時45分に到着。

真っ白な野菜の塀が目を引きますね。

アフリカのスワヒリ語でゆっくり、のんびりを意味する「ぽれぽれ」。築110年の古民家をリノベーションした、和の雰囲気とモダンな空間の店内で食事ができる素敵なお店で、高評価なんですヨ。

開店は11時からだから、準備中のドアを開けて声を掛けてみた、「お忙しいところすみません。予約してないのですが、これから7名で食事できますでしょうか?」

案の定、「今日は予約が沢山はいってまして…」の返事。

じゃあ、しゃあない。

つぎ行ってみよう!

70号線を更に西へ。

以前、食事したことのあるカレーが美味しい<無地>と小沢峠入口に在る<フクフクガーデン>を通り過ぎて、ちょうど11時に<月輪:がちりん>に到着。

こぢんまりとした可愛らしいお店。

店主らしき女性に食事可能か尋ねると、「ひとりでやっているから7名は対応できない」と。

なら、きむにーが何度か紹介している<Turnip:タ―ニップ>があるもん!

こちらランチメニューも豊富だし、今日のような暑い日は、景色の良いテラスで風を感じながら食事が摂れる。

何より、今日の目的地が目の前!

ランチは11:30~で、10分ほど前の訪問なのに、気持ちよく対応してくれる。

注文から提供まで、驚きの速さ!

味も文句なし!

タコライス。チーズの香りが食欲をそそる⤴アゲ

エビときのこのドリア。具材が沢山で、チーズおこげがたまらん!

鶏肉の香草焼き。皮はパリッパリ、お肉はジューシー!しかも大きい。

ミルフィーユかつ。感想はM原さんに聞いて。

手羽先スパイシーコロッケカレー。感想はI田さんとA藤さんに聞いて。

3人が初訪問でした。

食後は、対岸へ渡って、いよいよ登坂スタート!

みんな、覚悟はいいかい?

入山料(道路整備費)¥300を支払い、

観音様へ会いに(その前に地獄を見るかも…)

カメラは、だいたい鉛直に構えているので、写った通りの傾斜です。


立派な山門。

ここまでヒィーヒィーゼェゼェ、ガタガタのコンクリート激坂を喘いで上がってきたのに、山門を過ぎると、さらなる絶望が待っている。

勾配が増し、ハンドルに荷重しないと持ち上がる前輪、荒れた路面にこぶし大の石が埋め込まれ、止まる寸前の速度での走行ルート選択。

乱暴にペダルを踏みつければ、たちまち後輪がスリップしてバランスを崩す。

た、楽しすぎる!!

勾配のキツさでは、子ノ権現に及ばないものの、それに次ぐ勾配でこの距離は筆舌に尽くし難い。

H澤が自信をもってお勧めいたします。

えっ、誰が変態だって?

照れるなぁ~、もっと言って!


ここのカーブは、勾配が緩くなって休めるところ。


前回も今回も、この激坂ではサイコンの勾配表示がおかしくなって、最大で26%ってのを見た…

でも、経験上では20~22%くらいだな。

この後<大鐘楼>を過ぎて、最大勾配の区間へ。

勾配は25%くらいで、距離は約100mほど。

さっきに比べれば、まだ路面がマシなので、みんな余裕でクリア。

玄奘三蔵塔前の駐車場にたどり着きました。

麓では小さく見えた<救世大観音>が目前です。

ここで標高410mほど。

一部砂利の道をすこし下って、改めて少し上り返せば観音様の足元に到着。

途中、死んで間もないと思われるマムシを見かけました。

通行人に退治されたか、車に轢かれたみたいです。

先頭で写真を撮っていると、最後尾の数名は、すぐ上の斜面を逃げる鹿を目撃したそうです。

やっと5月らしい快晴で、風と日差しが心地よい!

33mの救世大観音。おっきい~

白雲山 鳥居観音

鳥居観音の開祖である平沼彌太郎は明治・大正・昭和を生き、家業の林業経営、名栗村長、埼玉銀行頭取、林業団体役員、参議院議員を歴任、その行動範囲は広く社会に及びました。

 一方で観音信仰に篤かった母の遺志を継ぎ、生まれ育った白雲山 鳥居の地を、観音信仰の霊地にすべく、昭和15年、小さな祠(現在の恩重堂)を建て、自分が彫った聖観音菩薩を安置したことが鳥居観音の始まりとなりました。その後彌太郎は、仏像彫刻家 桐江(とうこう)と称し、自ら山を切り開き、多数の仏像や建築物を山内各所に配し、30余年をかけて観音信仰の聖地を創りあげていきました。

                             鳥居観音 散策MAPより

埼玉百選にも選ばれ、春の花や秋の紅葉は特に素晴らしく、北野武監督の映画「Dolls」の撮影場所としても知られているそうです。

こちら、<願い成就の輪切り飛ばし>を行う台。

柵の固定があまくって、予想外のドキドキを楽しめます!?

せっかくなので、胎内観光(参拝)していきましょう。

拝観料¥200也

 吉祥天

 

不動明王

 一万体観音(13000体あるそうです)  

螺旋階段を上がって、展望台へ。   

     クリートカバー無しで梯子はツライ…

     うわぁ~、気っ持ちいい!(^^)!      

  


高所が苦手なA藤さんは、遠くを見つめて平静を保っております。 

下山途中で、西遊記で有名な<玄奘三蔵法師>の霊骨が祭祀されている<玄奘三蔵塔>を見学。

  

 初訪問のメンバーは、本殿も見学。 

帰路は、圏央道沿い→小畔川沿いから、

よそ見注意!  


越辺川CRを走って、16時半すこし前にみさかへ帰着しました。

ご一緒のみなさん、お疲れ様&ありがとうございました。

走行距離    109km

累積獲得標高   747m

by H澤 

                     


閲覧数:260回

最新記事

すべて表示